とまとの時間

食べる事が大好きな50代主婦です。美味しいものを美味しく食べるためには健康第一。そんな毎日の備忘録です。

健康診断 心配なのはピロリ菌です。抗生物質はできるだけ飲みたくない。

八月に受ける予定だった健康診断
コロナが増えているという事で12月に変更したバカな私。

参りました。

健康診断は不要不急にはならないのでしょうか・・・。


今度の健康診断は中性脂肪とか上がっている気がする💦


しかし私の一番の問題はピロリ菌ペプシノーゲンです。


6年前の検査でピロリ菌の陽性が判明しました。

自覚症状が全くなかったので驚きました。


将来胃がんになっても困るので除去しておこうと抗生物質を飲むことに

七日間飲み続ける薬だったのですが、6日目に薬疹が出ました

でも6日間は飲んだわけだし、ピロリ菌は除去されているのではと期待していたのですが・・・。




2018年の検査で再び陽性と出ました。
除菌は失敗だったんですね😢

しかもペプシノゲン検査も陽性でした。


ペプシノゲン検査とは

血液中の「ペプシノゲン」の量を測ることによって、
萎縮性胃炎の程度を調べる検査です。

ペプシノゲンとは、タンパク質の消化酵素のもとになる物質で、
血液中の量が減少すると胃粘膜の萎縮も強くなり、
萎縮が強いほど胃がんになりやすいといわれています。


困りました。



抗生物質には沢山の種類がありますが、大きく分けて6・7系に分けられます。

私が抗生物質で薬疹が出たのは、20代の乳腺炎以来の2回目です。

ここでまた違う系統の抗生物質でピロリ菌の除去に挑戦して、また薬疹が出るのはできれば避けたい。


ひとつの系統でアレルギー反応があった人は、他の系統の抗生物質でもアレルギー反応がでる確率が高くなるそうです。

いざ、大病をしたときに使える抗生物質がないなんてことは避けたい💦


先日イギリスでコロナのワクチンのアレルギー反応がニュースになりましたが、
私はワクチン、怖くて打てないです。
メリットとデメリット、リスクとベネフィット、常に考えて行動しなければなりません。



私はピロリ菌を減らす効果のある食品を試してみる事にしました。

マヌカハニー ・LG21ヨーグルト ・ココア ・ブロッコリースプラウト ・モズク ・梅肉エキスなどです。


特にマヌカハニーとLG21を三か月、一日二回取りました。

マヌカハニーはストロングでとってもお高いものにしちゃいました。
薬疹出るよりはましだと思って。


そして近所の内科で検査をしたところ なんと陰性になったではありませんか!

もう本当にうれしかったです。


しかし喜んだのもつかの間
2019年の健康診断ではまた陽性でした・・・😣

ピロリ菌は完全に無くなったわけではなく減少していただけなのでしょうかね。


それからUMF15のマヌカハニーとLG21は出来るだけ毎日摂るようにしています。

さて、今年の健診結果はどうなるでしょうか。

結果にかかわらず、コロナを言い訳に伸ばしてきた胃カメラ検査は受けた方がいいいいのでしょうね・・・。



ランキングに参加しています。
   ポチっとclickしていただけると更新の励みになります🙇
          ↓  ↓

    にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ